30代から40代の親が子どもの教育に向けてなすべきことは?|群馬プログラミングカレッジ

情報教育ニュース, ICT・プログラミング

記事の要約

  • 21世紀型スキルの価値観は、プログラミング教育との親和性が高い。
  • 家庭内では、親自身の意識も「21世紀型」への転換が求められる。
  • プログラミング教育も親がプログラミング教育の意義を理解して、子どもをサポートすることが必要。
30代から40代の親が子どもの教育に向けてなすべきことは?
30代から40代の親が子どもの教育に向けてなすべきことは? これからの長い人生を生き抜くためには、親も21世紀…

子どものスマホ・ネット利用 3つのルールが必要|日経DUAL

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • スマホ依存状態になってしまう子どももいるし、危険な目やトラブルに遭ってしまう子どももいる。
  • どもにネットを使わせる場合は、使い始める前にルールを決めてから使わせることが大切。
  • ルールは子どもの年齢や利用状況に応じたルールに随時アップデートしていく。
子どものスマホ・ネット利用 3つのルールが必要 | Q&A 子どもとネット いい関係 | 日経DUAL
ケータイ・スマホの所持開始年齢が下がるとともに、保護者は新しい問題に直面せざるを得なくなってきています。「スマホ事件簿」でおなじみのITジャーナリスト・高橋暁子さんによる連載「Q&A 子どもとネット 

第16回 フィルタリングの抜け穴 後編|学研キッズネット

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • フィルタリング率4.5%で最下位はインターネット接続テレビ。
  • 現役のスマホのフィルタリング率は4割、携帯ゲーム機で2割、契約切れのスマホでも1割。
  • インターネット接続テレビでも、「ペアレンタルブロック」「フィルタリング」などの名前で子どものWeb閲覧をコントロールできる。
第16回 フィルタリングの抜け穴 後編
いまどきの家電はネットにつながるのは当たり前!? 見えないフィルタリングの穴、あの家電と子どもの関係を読み解きます。

子どもたちの情報モラル教育のために…NTTLS指導者セミナー|リセマム

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • NTTラーニングシステムズが11月、12月、情報モラルのセミナーとフォーラムを開催。
  • 情報モラル教育指導者セミナー」は教育委員会の情報モラル担当指導主事、各学校での情報モラル教育を推進するにあたり中核となる先生が対象。
  • 「情報モラル教育推進フォーラム」は教育委員会指導主事、小中学校・高校などの先生のほか、保護者も対象。
子どもたちの情報モラル教育のために…NTTLS指導者セミナー | リセマム
 NTTラーニングシステムズは11月から12月にかけて、「情報モラル教育指導者セミナー」と「情報モラル教育推進フォーラム」を開催している。これからの時代に必要な情報モラル教育とはどのようなものであるかなどを考えるイベントで、参加希望者はWebサイトより申し込む。

CESA「子どもが使うスマホにカード情報は保存しないで」、保護者にマンガで呼びかけ|ケータイWatch

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • 保護者向けの啓発マンガ「共有利用のスマートフォンやゲーム機ではクレジットカード情報を保存しないで!」を公開。
  • 家族で共有利用している端末で、子どもなどがクレジットカード決済を誤って使ってしまうトラブルが起こっている。
  • マンガでは、子どもが誤ってゲームのアイテム課金を利用してしまったシーンを紹介。
CESA「子どもが使うスマホにカード情報は保存しないで」、保護者にマンガで呼びかけ
 コンピューターエンターテインメント協会(CESA)は、保護者向けの啓発マンガ「共有利用のスマートフォンやゲーム機ではクレジットカード情報を保存しないで!」を公開した。

子供と対話しルールづくりを 川崎市がスマホ安全教室|教育新聞

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • 川崎市が教職員、保護者を対象にした「子供をトラブルから守るスマホ・ケータイ安全教室」を11月16日に開催した。
  • KDDIの社員や消費生活相談員が、児童生徒のスマートフォン利用やインターネットでのトラブル例を説明。
  • 子供との対話を大事にしたルールづくりなどの重要性を指摘。

(スマホ利用時の) ネットトラブル予防 [第1号]|五里霧中

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • 保護者や先生方からは子供達にネットの「危険性」を教えて欲しい要望で多い。
  • これまで口頭で先生や保護者に色々と話してきたことを整理し、明文化(文章化)して紹介す
  • ネットトラブル予防の前提となる考え方について「前提3ヶ条」、トラブルに巻き込まれない、引き起こさないための「予防10ヶ条を」を紹介。
(スマホ利用時の) ネットトラブル予防 [第1号] – 五里霧中 -hikariba-
今回は、教育機関での講演(情報モラル教室・セーフティ教室等)で保護者や先生方からの要望が多く、子供達にも伝えている(スマホ利用時の)ネットトラブル予防についての内容を紹介します。 保護者や先生方からの要望で多いのが、子供達に「危険性」を教えて欲しいということです。 確かに危険なことを知れば、興味本位だけの勢いで無謀なことをしなくなるかもしれません。しかし、一時的な危険性、恐怖を伝えたとしても、子供達は大人と違い応用して当てはめて考えることは難しい場合も多いものです。 教わったことが自分の行動に当てはまるかどうかの判定をするに留まってしまいます。 それでは、「子供達ができるだけ安全に利用できるよ…

女子小学生の約7割は「プログラミング」という言葉を知らない|アスキー

情報教育ニュース, ICT・プログラミング

記事の要約

  • 英語教育・プログラミング教育に対する意識についての調査結果を発表。
  • 過半数を超える68%の親が小学校でのプログラミング教育に賛成。
  • プログラミング教育への意識と実際の学習状況のギャップは22.6倍。
女子小学生の約7割は「プログラミング」という言葉を知らない
子どもライフスタイル調査2016秋より、小学生の英語教育とプログラミング教育について比較。英語教育に対する意識は従来から高かったが、プログラミング教育に対する考えはどうなっているのだろうか?

子どものスマホ トラブル防ごう さいたま市で保護者向け講座開催|東京新聞

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • さいたま市教育委員会は家庭でのルールづくりやセキュリティー対策について学ぶ保護者向け講座を始めた。
  • 「親!おや?なるほどだねット出前講座」という講座名でPTAや保護者団体の依頼に応じ市教委担当者が学校などに出向く。
  • 背景には、子どもが巻き込まれるネットトラブルの増加。

子どものスマホ トラブル防ごう さいたま市で保護者向け講座開催|東京新聞

文科省、保護者向けH28年度ネットモラルキャラバン隊スタート|リセマム

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • 文部科学省がインターネットモラルについて学ぶ参加型のシンポジウム「ネットモラルキャラバン隊」の平成28年度予定を公開。
  • 青少年のスマホやインターネットをめぐる問題に関する取組みについての説明やワークショップ「「情報モラルってなに?」を開催。
  • キャラバン隊は青森、群馬、滋賀、千葉、山梨の順に開催予定。
文科省、保護者向けH28年度ネットモラルキャラバン隊スタート | リセマム
 文部科学省は10月25日、インターネットモラルについて学ぶ参加型のシンポジウム「ネットモラルキャラバン隊」の平成28年度予定を公開した。11月4日の青森県十和田市を皮切りに、全国で保護者を対象に開催する。

ネット依存になる子ならない子は何が違う?–保護者ができることは|CNET Japan

情報教育ニュース, ネット依存

記事の要約

  • 成績が良い子は、友だちに『これから試験勉強するからLINE抜けるね』と言える子が多い。
  • 禁止や制限には限界があるので、最終的には子ども自身がセルフコントロールできるよう教育する必要がある。
  • 広くて面白い世界を見せて、もっと夢中になれること、自分が発揮できる場を見つける手助けすることが大切。
ネット依存になる子ならない子は何が違う?–保護者ができることは
講演に来た保護者に相談を受けることがある。最近目立つのが、過剰なスマホ・ネット利用問題だ。一方、まったくネット依存にならず、ちょうどよい距離感を保って使いこなしている子どももいる。ネット依存になる子とならない子は一体何が違うのか。

ママ、こんな機能制限もできるよ!我が子をスマホトラブルから守る対策4つ|WooRis

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • 通信各社が提供するフィルタリングサービスを利用する
  • iフィルターなどの有害サイトフィルタリングソフトを導入する。
  • GoogleやYahooのセーフサーチ機能やiPhoneなどの機能制限を使う。
ママ、こんな機能制限もできるよ!我が子をスマホトラブルから守る対策4つ – WooRis(ウーリス)
近年、スマホを利用するお子さんが巻き込まれる“ネット犯罪”が増加しています。そして、その被害は増加の一途を辿っています。 何も対策をしなかった場合、以下のような深刻な問題に直面するかもしれません。 ・スマホ内の写真や動画が流出 ・電話帳のデータ等、個人情報の流出 ・アダルトサイトへの勧誘 ・ウィルスに感染した

第14回 フィルタリングの抜け穴 前編|学研キッズネット

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • 携帯ゲーム機・据置型ゲーム機・携帯音楽プレイヤーなどでネットをしている子どもが多い。
  • ゲーム機は8割がフィルタリングをしていない。
  • ゲーム機では保護者による機能制限で、ネット利用の設定をすることができる。
第14回 フィルタリングの抜け穴 前編
フィルタリングには抜け穴があるって本当? 親はいったいなにに気をつければいいの? いまどきのフィルタリング事情を読み解きます。

巻き込まれる前に!探偵が教える「実際あった子どものスマホトラブル」3事例|ウーリス

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • “一部アイテムに課金”が発生するゲームで、お子さんがアイテムを購入しており、後に数万円〜数十万円の高額請求が来てしまった。
  • 広告リンクや関連動画をクリックで次々と回遊した結果、エッチなページにたどり着いてしまった。
  • 何気なくメッセージ中のURLをクリックしてしまい、“登録&利用料”と言った名目で数万円の請求が来た。
巻き込まれる前に!探偵が教える「実際あった子どものスマホトラブル」3事例 – WooRis(ウーリス)
いまや、スマホの普及は子どもの生活にまで浸透しています。 内閣府発表の「平成27年度青少年のインターネット利用環境実態調査報告書」調べによると、スマホ普及率は小学生で23.7%、中学生が45.8%、高校生になると93.6%にのぼると言われています。 特に、最近では『ポケモンGO』をはじめとするスマホ向けゲーム

スマホがなくていじめに! 子どもにいつからスマホを持たせる? 【パパママの本音調査】|WomanExcite

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • 一部の中学校では修学旅行の相談や、部活の集合時間などのやりとりもすべてLINE。
  • スマホを持っていないという理由でいじめにあい、スマホをもたせたら仲間はずれや物がなくなることなど全くなくなった。
  • GPS機能があり防犯対策になるキッズケータイを小学生に持たせる親が急増中
スマホがなくていじめに! 子どもにいつからスマホを持たせる? 【パパママの本音調査】|ウーマンエキサイト
高校生が持っているのはあたりまえ。今では中学生でも半数近くの子どもが持っているスマートフォン。地域によっては持っていない子が少数派になってしまうこともあるそうです。そのことが原因でいじめや仲間はずれにされてしまうケースもあり、家庭だけのルールでは決められない事態になっているようです。