子どもがスマホやSNSでトラブルなく夏休みを過ごすコツ|CNET Japan

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • 学校で会う機会が減ると、LINEやTwitterの利用時間も長くなり、トラブルに発展する割合も高くなる。
  • 暇な時間を持て余すことで出会い系、深夜うろつき、高額課金にもつながる。
  • 普段から保護者が子どもの利用状況について把握しておくことが一番重要。
子どもがスマホやSNSでトラブルなく夏休みを過ごすコツ
いよいよ8月、夏休みも真っ盛りだ。夏休みといえば、中高生たちにとってはスマホやSNSを使う時間も長くなりがち。当然、利用時間が増えればトラブルも増える。今回は夏休みに起こりがちなスマホやSNSのトラブルと注意点をご紹介する。

ネットトラブルから子どもを守ろう 京都に協議会発足|京都新聞

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • インターネットのトラブルから子どもを守るため、京都府内の行政や学校関係者、携帯電話会社など約30団体でつくる協議会が発足。
  • 会議ではフィルタリングの方策や利用ガイドラインの策定、架空請求などの被害体験ができるアプリの普及を進めることを提案。
  • 午後のワークショップでは府内の中高生約40人が参加。スマホの使用実態や功罪について話し合った。
ネットトラブルから子どもを守ろう 京都に協議会発足 (京都新聞) – LINEアカウントメディア
インターネットのトラブルから子どもを守るため、京都府内の行政や学校関係者、携帯電話会社など約30団体でつくる協議会が発足した。京都市下京区の京都リサーチパークで4日に開かれた全体会議では、被害対策や未然防止策を検討していくことを確認した。 ネット対策で協議会ができるのは府内では初めて。午前の会議では他に、フィルタリングを徹底させる方策や利用ガイドラインの策定、架空請求などの被害体験ができるア

[ネットトラブル] 子どもを守る策講じて|南日本新聞社

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • 鹿児島県内でも、高校の下級生への暴行を写した動画がSNSに投稿されて広まる事例が発生。
  • 現実とネット空間の境界線を見失ってしまい、個人情報をさらしてトラブルにつながった例も少なくない。
  • 子どもにとって周囲の見守りは欠かせない。親子でネット問題を話し合い、書き込みのリスクなどを学ぶ必要がある。

鹿児島の情報は南日本新聞 – 社説 : [ネットトラブル] 子どもを守る策講じて

ネットトラブルからお子さんを守るために知っておきたいこと|INTERNET Watch

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • 出会い系サイトやコミュニティサイトに起因する犯罪被害にあった児童がサイトにアクセスした際の手段の8割以上はスマホによるもの。
  • ネットのフィルタリング設定、アプリのダウンロード・利用制限、管理機能の制限を行う。
  • お子さんの年齢や理解度を踏まえ、あらかじめどの程度の自由度を提供するかを定める。
【セキュリティのキホン】第11回:ネットトラブルからお子さんを守るために知っておきたいこと 
 今やタブレット端末/スマホはもちろんのこと、自動車や洗濯機、メガネに時計と身の回りのあらゆるモノがネットに繋がるIoT(Internet of Things)時代となりました。こうした環境の変化を感じながらも、ネットを利用する際のセキュリティ意識は特に変わらないという方は多いのではないでしょうか? 便利で楽しい仕組みが開発されると、新たな仕組みを悪用するサイバー攻撃が出てくるのは、残念ながらネットの歴史における事実です。とはいえ、必要以上に心配する必要はありません。この連載では、皆さんがネットを使う上で知っておきたい今どきのネットの危険と、それらを避けるためのキホンを紹介します。

ポケモンGOに用心!? 親子で確認すべき“夏休みのスマホトラブル”5つ|パピマミ

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • 夏休みは一日中スマホを触れる環境にあるため、いろいろなトラブルが起こりやすい。
  • ポケモンGOはスマホを片手にポケモンを捜索する内容のゲームであるため、プレイ中は”歩きスマホ”になりがち。
  • 他にも夏休みは課金トラブル、スマホ依存、出会い系、SNSトラブルにも注意が必要。
ポケモンGOに用心!? 親子で確認すべき“夏休みのスマホトラブル”5つ | パピマミ
もうすぐ待ちに待った夏休み! 海水浴にゲームにお祭りに花火大会! BBQに虫捕りに旅行にキャンプまで、夏休みにはやりたい…すべて読む

ネット中傷で高額賠償命令!意図せず被告にならないために|JIJICO

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • インターネットに匿名で中傷投稿した男性が訴えられ、220万円の損害賠償の支払を命じられた。
  • 相手の考え方を否定して「間違っている」とネット上に書き込めば、それは全て中傷だと理解しておくべき。
  • ネットでの投稿では、言い回し、表現に気をつける。相手を否定せず、自分の考えを伝える。一次情報を確かめて意見を述べる。
ネット中傷で高額賠償命令!意図せず被告にならないために | JIJICO [ジジコ] – 毎朝3分の知恵チャージ
あるインターネット掲示板に匿名で中傷書き込みをした男性が訴えられ、高額な損害賠償の支払を命じられました。意図せず被告になってしまわないためには、何を心がければよいのでしょうか?

ネットトラブル相談強化 伊那市教委が連携|長野日報

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • 伊那市教育委員会が、子どもが関わるネットトラブルの増加を受け、未然防止と早期解決に取り組もうと「ネットトラブル相談事業」を開始。
  • ネットやスマホを利用する生徒児童がトラブルに巻き込まれて不登校やいじめ、犯罪につながるケースがある。
  • 生徒児童や保護者からメールを通じて相談を受けて適切な対応を判断し、学校や市教委と連携して解決を目指す。

Nagano Nippo Web » ネットトラブル相談強化 伊那市教委が連携:長野日報のニュースサイト

高校生 ICT Conferenceを10月から全国14か所で開催|ICT教育ニュース

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

高校生がネットについて考えるICT Conferenceについての記事がICT教育ニュースに掲載されています。

記事の要約

  • 安心ネットづくり促進協議会が、「高校生 ICT Conference」を10月から全国14か所で開催。
  • 高校生として情報モラルについて深く考えて実践することで、将来のより良いインターネット利用環境の構築を目指す。
  • テーマは、「ネットトラブル!どうする?【予防】と【対策】」
高校生 ICT Conferenceを10月から全国14か所で開催
安心ネットづくり促進協議会は、「高校生 ICT Conference」を、10月16日の札幌会場での開催を皮切りに全国14か所で開催する。 大人になる準備段階として携帯電話やインタ […]