米国ではSNSに背を向ける10代も|BLOGOS

情報教育ニュース, ネット依存

記事の要約

  • SNSを使う若者の大きな問題は、SNSを利用する10代が他のユーザーと自分を常に比較して見てしまう点。
  • SNSを利用することで子供たちは常に周りから評価される身になり、公開した内容によって自分たちの価値が決まるような感覚になっている。
  • SNSを使わない若者はSNSを通して友人や知人とやりとりするよりも、彼らと直接顔を合わせて交流する方が心地よい。
米国ではSNSに背を向ける10代も
 米首都ワシントンに住むブライアン・オニール君(14)は、交流サイト(SNS)を利用していない。先日、友人らがどんな夏休みを過ごしたのか気になった際には、直接彼らに聞いてみたという。同年代の友人のほとんどがSNS利用者である中で、今や珍しい行為だ。しかしブライ