スマホの使いすぎで起こりうる「4つのトラブル」|TABI LABO

情報教育ニュース, ネット依存

スマホを使いすぎて自分の体に起こりうるトラブルについての記事が「TABI LABO」に掲載されています。

記事の要約

長時間下を向いていると、背骨には、だいたい8歳の女の子が背中に乗っているのと同じくらいの負担がかかる。

スマホを使うとことで脳が新しい刺激を受け、ドーパミンを分泌し、強い快楽と依存症を引き起こし、スマホ依存性を高める。

携帯電話の通信中にはアルファ波が増大することが確認されていて、ぼーっとしてしまうことがある。

スマホのディスプレイから発せられるブルーライトを受けると、体が太陽光だと勘違いしてしまい、体内時計がずれてしまう。

 

あなたの体にも・・・スマホの使いすぎで起こりうる「4つのトラブル」
現在、世界の人口は約72億人。そのうちの約60億人が持っているとも言われるケータイ電話。水洗トイレを使っている人が45億人であることを考えると、爆発的…