「スマホ中毒にならない子ども」に共通する生活習慣が判明|ウーリス

情報教育ニュース, ネット依存

記事の要約

  • 高校生になると、2時間以上利用している割合が5割を超える。
  • 「食事中やだんらん中でもスマホが気になる」、「会ったことのない人とメールやSNSでのやりとりをする」子どもが年齢が上がるにつれて増える。
  • 「お手伝いを多くしている子」「生活習慣が身についている子」は“スマホ熱中度”が低い。
「スマホ中毒にならない子ども」に共通する生活習慣が判明 – WooRis(ウーリス)
高校生にもなると、かなり多くのお子さんがスマホを所持するようになりますが、その少し前の小学校高学年から中学生くらいの時期は、多くのご家庭で、スマホを持たせる時期やルールについて悩まれると思います。 スマホの操作ばかりしていて勉強が疎かになってしまっては困りますし、スマホ依存なども気になります。スマホを持つなら