スマホ高依存の子供、1割が自分から「ネットの見知らぬ相手」に接触 | RBBTODAY

情報教育ニュース, ネット依存

「携帯電話(インターネット)への依存度」という観点から警視庁が分析した調査結果についての記事がRBBTOAYのサイトに掲載されています。

スマホ高依存の子供、1割が自分から「ネットの見知らぬ相手」に接触 | RBB TODAY
 子供の携帯電話(インターネット)の利用について、さまざまな角度から調査が行われているが、警視庁が「携帯電話(インターネット)への依存度」という観点から分析した調査結果を25日に公開した。

記事の内容

調査は2015年7月1日~20日に行われ、都内の小中高生3,116名(有効回答率95.7パーセント)、保護者2,108名(有効回収率72.8パーセント)。

この調査では、「携帯電話が手元にないと不安になる」「食事をしながら、携帯電話をいじる」など、10項目の質問を行い、点数によって「低依存群」や「高依存群」などに分類。

「ネットで知り合った相手に『会おう』と誘った」という子供は、低依存群で2.6%なのに対し、高依存群で9.1%と3倍以上。

「実際に会った」と回答したのは、低依存群で5.3%なのに対し、高依存群は15.2%。