脳に悪影響!4時間以上のスマホ使用で学習効果が消滅すると判明

情報教育ニュース, ネット依存

記事の要約

  • 3つのグループすべてでスマホの使用時間が長くなるにつれ正答率が下がった。
  • 学習効果は、LINEなどの通信アプリを使った場合にはより顕著になる。
  • 子どものスマホの利用時間は1時間未満に抑えることが大切。
脳に悪影響!4時間以上のスマホ使用で学習効果が消滅すると判明-Suzie(スージー)
今やスマホは生活になくてはならないもの。現在20代の9割、10代の63%がスマホを使用していて小学生の間でもLINEがコミュニケーションツールとして使われているそうです。 しかし、今回ご紹介する『やってはいけない脳の習慣』(川島隆太(監修)/ 横田晋務(著)、青春出版社)によると子どもたちのスマホ使用は成績の低下を招き、脳にも悪影響を与える可能性があることが明らかになりました。 これは子育て中の人は知っておきたいデータです! さっそく詳細を見ていきましょう。 ■スマホの長時間使用で学習効果が半減する 仙台市で7万人の小中学生の学力調査と学習習慣などを聞くアンケートを分析したところ、スマホの使用時間と成績の関係について驚くべき結果が明らかになりました。 この調査では家庭での勉強時間を、30分未満、30分~2時間、2時間以上という3つのグループに分けたうえで、それぞれテストの平均正答数を出し、グラフ化しました。 すると、3つのグループすべてでスマホの使用時間が長くなるにつれ正答率が下がるという結果になりました。 さらに興味深いのは、勉強時間が「2時間以上」でスマホ使用が「4時間以上」の子どもの正答率は55%でしたが、勉強時間が「30分未満」でスマホを「まったく使用しない」という子どもの正答率は60%であったということ。 「2時間以上勉強しても、4時間以上スマホを使う子ども」は、「勉強はほとんどしないけれどスマホをまったく使わない子ども」の成績と同じになってしまうのです。 また、この傾向はLINEなどの通信アプリを使った場合にはより顕著になるといいます。 勉強時間に関わらず、スマホや通信アプリの使用時間が長ければ、せっかくの学習効果が消えてしまうことになるのです。 ■スマホで脳の一部の働きが低下する可能性も! 長時間勉強している子どもでも学習効果が下がるということは、「スマホのやりすぎで勉強の時間がとれていない」という理屈では説明がつきません。 脳科学的に見ると、これは「前頭葉の活動低下」が引き起こされている可能性が高いそう。 テレビを見たり、ゲームをしたりすると、物事を考えるときに使う脳の前頭前野という部分の働きが低下することがわかっていますが、それと同じことがスマホの使用でも起こっているのではないかということです。