サイト閲覧、ゲーム課金…ネット依存症の症状と治し方|ALL About

ネット依存, 情報教育ニュース

ネット依存症の症状と治し方についての記事がALL Aboutに掲載されています。

記事の要約

  • アメリカでの統計では、インターネット依存症の頻度は人口の0.3~0.7%。該当する方が週にインターネットに費やす時間は平均38.5時間。
  • インターネットに依存すると、アルコールなど薬物に依存した場合と類似の変化が脳内に現われるという研究報告が数年前にあった。
  • ネット依存症の本質は、その原因に対するコントロールが自分の力ではほぼ不可能。
  • 現実の生活に支障が出ていることに気付かれた場合、精神科(神経科)を受診され、専門家の力を借りるべきである。
サイト閲覧、ゲーム課金…ネット依存症の症状と治し方
アメリカ精神医学会で「「インターネットゲーム障害」が、研究段階の新たな診断名に加えられました。日本でも「ネトゲ依存」「スマホ依存」などの言葉があるようですが、インターネットへの依存は、毎日の生活に深刻な支障をもたらすことがあります。ゲームへの課金も問題です。インターネット依存症について詳しく解説します。