ひどいネット中毒は心臓の機能を弱める|人民網日本語版

情報教育ニュース, ネット依存

記事の要約

  • インターネット中毒は体の免疫システムに損傷を与え、脳卒中や心筋梗塞を患うリスクを増大させることを発見。
  • 毎日平均6時間、一部10時間インターネットを行なう回答者500人を選出。
  • ネット依存度が比較的高い人はそうでない人に比べ風邪やインフルエンザの症状が出る確率が30%高く、理的な問題が発生し、脳卒中や心筋梗塞のリスクが高くなる。
  • ネット中毒者は常に睡眠不足で、飲酒や喫煙の回数も多く、スポーツをする機会も非常に少なく、心臓の正常な機能に影響を及ぼす。

ひどいネット中毒は心臓の機能を弱める–人民網日本語版–人民日報