ネット依存の原因と治すためにできること | メディシル

情報教育ニュース, ネット依存

メディシルというサイトにネット依存の原因や危険性、治すためにできることについて3本立てで記事が掲載されています。

ネット依存症を克服するためのカギとなる3つの方法 | メディシル
ネット依存症はスマホやパソコンの普及によって、近年増加しています。どうやって克服できるのでしょうか。ネットに触れている時間が長く、日常生活に支障をきたすほどにネットに没頭してしまうネット依存症は多くの現代人が抱えている病気です。
ネット依存症になってしまう原因と現代社会との関係性 | メディシル
ネット依存症はインターネット環境が増加する現代で多くの人が悩まされています。何が原因なのでしょうか。大半の人が毎日何らかの方法でネットに接続しているのではないでしょうか。実は、ネット依存症にはさまざまな原因があります。
ネット依存の危険性と治すためにできること | メディシル
ネット依存とはその名の通りインターネットに依存してしまうこと。治すにはどうすればいいのでしょう?パソコンに限らず携帯電話やスマホでも簡単にネットに接続できることで、ネット依存になる人は増えています。生活に支障をきたす前に治す努力が大切です。

記事の内容

ネット依存は現代病のひとつ。原因は、「友人関係や家族関係が上手くいっていない、希薄である。」、「面白いコンテンツがある。」といった現実での現実での生活や人との関係性がうまくいっていなかったり、ネット以上に面白いことがないといったりすること。

ネット依存にはコンテンツによっていろいろ種類がある。例として、オンラインゲームやネットショッピング、動画サイトの閲覧、メールやチャット、SNSなど。

ネット依存を治すためには、ネットにすぐ繋がる環境を改めること。また、場合によっては「ネットに飽きてしまう」、「ほかの人のネット依存をみて嫌になる」など自然と治る場合もある。

ネット依存を治すキーポイントは3つある。

  1. 今までの生活を整理する
  2. ネットから自分を遠ざける
  3. ネットを使う目的を明確にする

 

ネット依存は、アルコール依存やギャンブル中毒よりも危険性が高いと言われています。というのも、アルコールやギャンブルは自分の生活から切り離すことができます。

しかし、ネットについては今やサービスの利用や手続き、友だちとの情報共有で使うなど、生活の一部に入り込んでしまっているため、一度陥ってしまうと元の生活に戻るのが難しくなります。

そのため、ネット依存については重度のネット依存症になる前の早期に対応していく必要があります。

メディシル | ヘルスケア・スキンケア情報サイト
メディシルは、「健康と安心をもっと身近に」をコンセプトに、ヘルスケア情報や、スキンケア、ダイエットなどの美容情報まで配信する日本最大級の健康情報サイトです。