依存傾向強まる 児童生徒のネット夢中度を調査|教育新聞

ネット依存, 情報教育ニュース

記事の要約

  • 兵庫県の調査で、県内児童生徒の7.7%がネット依存傾向にあり、全校種で昨年を上回った。
  • 依存傾向児童生徒の38.4%が利用時間が「1日4時間以上」。
  • 依存傾向の児童生徒の約8割が「イライラする」、「勉強に自信がない」と回答。