若者の10人中8人がネットの危険性を認識 ユニセフ調査|ICT教育新聞

情報教育ニュース

世界25ヵ国の若者を対象にしたユニセフの調査についての記事がICT教育新聞に掲載されています。

若者の10人中8人がネットの危険性を認識 ユニセフ調査
ユニセフ(国連児童基金)は、世界25カ国の1万人以上の18歳の若者を対象に、インターネットの利用に関する意識調査を実施し、その結果を『リスクと可能性:インターネットとともに育つ』と […]

記事の内容

ユニセフ(国連児童基金)は、世界25カ国の1万人以上の18歳の若者を対象に、インターネットの利用に関する意識調査を実施。

18歳の10人に8人が、子どもはインターネットを通じて性的搾取の被害に遭ったり、だまされたりする危険があると認識。

若者の90%近くがインターネット上のリスクを避けられると回答。およそ10人に6人が、インターネット上で人と知り合うことは、ある程度またはとても重要だと回答。