武雄市、ICTで不登校児童生徒を学習支援|佐賀新聞

ICT・プログラミング, 情報教育ニュース

記事の要約

  • 武雄市がICTを活用した不登校の子どもたちの学習支援を始める。
  • 不登校の児童生徒数(6月末現在)は小学生2人、中学生32人。適応支援教室には21人が登録。
  • タブレット端末は既に購入しているものを活用し、リクルート社のネット教材を習熟度に合わせて利用。
武雄市、ICTで不登校児童生徒を学習支援|佐賀新聞LiVE
武雄市は、ICT(情報通信技術)を活用した不登校の子どもたちの学習支援を始める。家庭にタブレット端末を配備し、民間のインターネットを使った学習教材を活用して習熟度に応じて学習できる。10月開始を目指し