スマホ、禁止から解禁へ、アメリカ教育現場 | CIEE

情報教育ニュース

TOEFL Web Magagine(CIEE)にアメリカの教育現場でのスマホの使い方についての記事が掲載されています。

第94回 スマホ、禁止から解禁へ、アメリカ教育現場
第94回 スマホ、禁止から解禁へ、アメリカ教育現場と題し、慶應大学名誉教授の鈴木佑治先生にご寄稿いただきました。

記事の内容

アメリカでも日本と同様に若者のスマホへの過剰依存による弊害が問題視され、教育の現場ではスマホを規制してきた。

最近の流れでは学校現場でのオンライン化が進み、使用する機器がデスクトップやノートパソコンからタブレットに変わってきている。今後はスマホに変わると予想される。

アメリカの学生は指でカンタンに入力できるスマホを使い、宿題のプロジェクトをする傾向があり、GoogleやMicrosoftもスマホでオフィスソフトを使えるようにし始めている。

 

新入社員や大学生の話題にパソコンが使えなく、レポートや資料作成もスマホでやってしまうというようなニュースを耳にしますが、今後はそれに適応したツールがでてきて、それが当たり前になる可能性があります。