【リセマム調査】中高でのICT活用、保護者の4人に1人は積極導入を希望|リセマム

ICT・プログラミング, 情報教育ニュース

記事の要約

  • イードが電子辞書を所有している中学生・高校生の保護者2,065名に実施した調査で「ICT活用」についても調査。
  • 「電子辞書も、広い意味での教育ICT」という意識は希薄。
  • 保護者は、電子辞書をツールとして利用すること自体に不満はないが、ICT活用の学習効果については、かなり懐疑的。

※この記事を全文に見るにはリセマムのサイトにて無料会員登録が必要です。

【リセマム調査】中高でのICT活用、保護者の4人に1人は積極導入を希望 | リセマム
 イードは「電子辞書」(専用端末タイプ)に関する意識調査を、5月18日~30日に実施。電子辞書を所有している中学生・高校生の保護者2,065名から有効回答を得ているが、この調査では「ICT活用」についても、質問を行っている。