小学校のプログラミング教育、なぜ扱いが学校の裁量に?|ベネッセ

情報教育ニュース, ICT・プログラミング

記事の要約

  • これまでもプログラミング教育は、中学校の技術・家庭科(技術分野)や、高校の情報科で扱われていた。
  • 次期指導要領では、小学校英語を充実する方針が決まっていて、数時間分の単元であっても、新たな時間数を入れる余裕がない。
  • プログラムをつくるための論理的な思考力「プログラミング的思考」であれば、従来の教科の中でも取り入れられる。
小学校のプログラミング教育、なぜ扱いが学校の裁量に?|ベネッセ教育情報サイト
【ベネッセ|教育ニュース ICT】2020(平成32)年度以降、小学校で「プログラミング教育」が必修化される見通しになりました。ただし、どの学年や教科で実施するかは、各学校に任せるといいます。なぜ、そのようになったのでしょうか。