子供のプログラミング教育が大事なわけ(ならいごとキッズ)

ICT・プログラミング, 情報教育ニュース

文部科学省で小中学校でのプログラミング教育の必修化が検討されています。
検討されているプログラミング教育ってなんだ?ということを「ならいごとキッズ」で紹介しています。

必修科目になる!?子供のプログラミング教育が大事なわけ | ならいごとキッズ マガジン
最近、『子供のためのプログラミング教室』が増えているのをご存知ですか?プログラミング教育は文科省でも推進されており、学校の授業にも取り入れられる動きが進んでいます。でも、「プログラミングって何?」「本当に子供でもできるの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、プログラミング教育とはどのようなものかご紹介します。 プログラミングとは? コンピュータを動かすための命令のことを『プログラム』、プログラムを作ることが『プログラミング』です。パソコンだけでなく、炊飯器や洗濯機などの家電製品、自動車、おもちゃなど様々な製品が、プログラミングによって動いています。 IT化がいっそう進むこれからの社会において、プログラミングは欠かすことのできない技術であるといえます。 なぜ子供にプログラミングを教えるの? 「うちの子がIT業界に進むとは限らないし、そんなものは必要ない」と考えるのは早計です。プログラミング教育は、優秀なプログラマーを育てるためのものではありません。実はプログラミングを学ぶことによって、将来役に立つ様々な能力を養うことができるんです。 論理的思考が育つ! プログラミングでは、自分が思う動作をコンピュータにさせるために、「○○の時はこんな動きをする」「ただし××の時は別の動きをする」というような命令をひとつひとつ積み重ねていきます。この命令が、きちんと順序だって筋が通ったものでなければ、コンピュータは動きません。 思うように動かないときは、どこが間違っているのか検証して修正するという作業が必要になります。 この一連の流れの中で、ものごとに対する論理的な考え方が自然と身に付きます。また、問題が起こったときも冷静に処理できる問題解決能力も高まると考えられています。 自由な発想力が育つ 通常の学校教育では、すでに教科書に書かれてある『ルール』を学んだり、決まった『答え』を導き出したりといったことが多いですが、プログラミングは何もないところから『ルール』を作り出す作業です。決まった『答え』は一切ありません。環境の違いや既定の概念などにとらわれず、これまでにないものを作り出す自由な発想や創造性を育てることが、プログラミング教育に期待されています。 主体性が高まる

▼コラムでは以下のようなことが書いてあります。

  • プログラミングでは、将来に役立つさまざまな能力が身につく。
  • プログラミングで、「論理的思考力」、「自由な発想力」、「主体性」が身につく。
  • ある小学校ではViscuit(http://www.viscuit.com/)やScrach(https://scratch.mit.edu/)などのプログラミング教育ソフトを使って実践している。

約2年前から議題はでていたようですが、最近になって話題として大きくなってきました。
プログラミング教育などの情報教育は、新たに専門の教員を用意するのではなく、現在のリソースの範囲でやるようです。これは、教員の負担が大きくなるのではという懸念があると思います。
情報教育は専門家にまかせて、今の教員にはもっと子どもに寄りそった教育に力を入れられるような体制にしたほうが子どものためにもいいのではないかと。