教育大国フィンランド発・4才から楽しめるプログラミング絵本『ルビィのぼうけん』|ママスタ

ICT・プログラミング, 情報教育ニュース

プログラミング教育の先進国でもあるフィンランドから出版されたプログラミング絵本が「ママスタ」にて紹介されています。

記事の要約

「5才からプログラミングが楽しめる」と世界中で話題になっている絵本がある。絵本の名前は、『ルビィのぼうけん こんにちは!プログラミング』。

ルビィという女の子が主人公のプログラミングの面白さを発見する冒険ストーリー。

プログラミングの難しそうな「コード」が一文字も出てこないのに、小さなお子さんでも親御さんと一緒に夢中になってプログラミングの世界に入り込める。

練習問題が用意されていて、物語の中で主人公のルビィが考えたことや身につけたことを、読み手の子ども自身が実践していくことができる。