プログラミング教育が日本の将来を左右する|毎日新聞

ICT・プログラミング, 情報教育ニュース

プログラミング教育の今後についての記事が毎日新聞に掲載されています。

記事の要約

  • AI(人工知能)やIoT(Intenrt of Things)を設計、活用できる人材の育成は、今後の国の命運を左右すると言っても過言ではない。
  • 世界の多くの国が、幼少期からのプログラミング教育に力を入れている。
  • イスラエルでは、早くからプログラミング教育を強化してきた結果、ハイテク株主体の米ナスダック上場企業の数が世界のトップ5。
プログラミング教育が日本の将来を左右する | 辻野晃一郎の「世界と闘え」 | 辻野晃一郎 | 毎日新聞「経済プレミア」
 文部科学省は、理数系や情報系などの分野で特に優れた能力を持つ小中学生を集め、その能力をさらに伸ばす施策を2017年度から始める予定だ。  大学での実験、研究者による個別指導、ノーベル賞受賞者の講義聴講、海外派遣などの機会を設けるという。全教科で優れていることは求めず、特定分野での才能開花を後押しする。