情報が氾濫している現代に必須のメディアリテラシーの高め方 | いいところネット

情報教育ニュース

情報社会においてのメディアリテラシーを身につけていくことは必要なことです。いいところネットの記事では、メディアリテラシーの高め方を紹介しています。

情報が氾濫している現代に必須のメディアリテラシーの高め方
現代はネットを介して誰でも情報を発信できる時代であり、それゆえにかつてないほど身の回りに情報があふれかえっていると言えます。1990年代のネット黎明期からパソコンを利用してきた世代は情報の取り扱いに長けていますが、そうでない平成生まれ世代は

記事の内容

メディアリテラシーを身につける上で大切なことは、以下のようなこと。

  • 情報を鵜呑みにしない
  • わからないことがあればすぐに調べる
  • 確定的な情報かをしっかり見極める
  • 確信がない以上、周りに言いふらさない
  • 日常で接する専門用語は常に理解しておく

詳細は記事をご覧ください。

 

メディアリテラシーでは、「情報を疑え。」とよく言われます。

インターネットに流れる情報は、元となった情報から伝言ゲームのように伝わり、事実と違う内容となっているものがたくさんあります。また、テレビや新聞などの信頼性の高いと言われるメディアでも、情報を削って偏った内容にとれるものがあります。

1つの情報源から得た情報を鵜呑みにしないで、いろいろなところから情報を集めて本当に正しい情報なのかをよく考えましょう。