IBMやMSも協賛、女子向け無料プログラミング講座「Girls Who Code」|リセマム

情報教育ニュース, ICT・プログラミング

記事の要約

  • 非営利団体「Girls Who Code」は、女性がプログラミング技術を身に付け、21世紀型のチャンスに挑戦してもらうことを目指し活動。
  • プログラムは6~12グレードの女子生徒を対象とした「クラブ・プログラム」と、10・11グレードの女子生徒を対象とした夏期7週間の「サマー・イマージョン・プログラム」。
  • れまではIBM、マイクロソフト、ゴールドマンサックス、JPモルガンなどの協賛。
IBMやMSも協賛、女子向け無料プログラミング講座「Girls Who Code」 | リセマム
 2012年にニューヨークで生まれた米国の非営利団体「Girls Who Code」は現在、女性がプログラミング技術を身に付け、21世紀型のチャンスに挑戦してもらうことを目指し活動を続けている。ミッションは、テクノロジー業界における男女差をなくすこと。