静岡県藤枝市がソフトバンクと協定 ICT教育で連携|教育新聞

ICT・プログラミング, 情報教育ニュース

ITOEでも以前お伝えしましたが、藤枝市とソフトバンクがICT教育で連携したことについて教育新聞に記事が掲載されています。

記事の要約

  • 「科学・ICT・ロボット教育」をはじめとする地方創生の実現に向けて、最先端のICT活用により、同市ならではの「ふじえだ健康都市創生総合戦略」を推進したい考え。
  • 予定している連携事業は、地方創生加速化交付金を活用し、中学校でペッパーを題材にしたプログラミング体験学習など。
  • 藤枝市では、人型ロボット「Pepper」を、市役所の受付・案内業務に導入し、市役所“職員”として、科学・ロボット分野の推進をPRしている。