スマホで子どものネット利用を見守る「ノートン ファミリー」iOS版リリース|リセマム

情報教育ニュース

スマホで子どものネット利用を見守るためのサービスをiOSでリリースされた記事がリセマムに掲載されています。

スマホで子どものネット利用を見守る「ノートン ファミリー」iOS版リリース | リセマム
 セキュリティソフト「ノートン」は、子どものスマートフォンでの活動を管理できるアプリ「ノートン ファミリー(iOS版)」の提供を開始した。子どものオンライン上での行動が把握できるほか、バージョンにより位置情報の確認もできる。

記事の内容

インターネット上で子どもを守るために親が対策を行っている割合は世界平均では65%に対し、日本ではわずか32%。

iOSアプリ「ノートン ファミリー」では、子どものオンライン上での行動が把握できるほか、バージョンにより位置情報の確認もできる。

確認できる内容は、子どもがデバイス上で検索した単語や用語、フレーズの表示や、子どものSNS上のプロフィールやログイン頻度など。

 

子どものオンライン上での行動を管理するソフトやサービスが増えてきています。親から子への一方的な監視は、子どもに不信感を与えるきっかけになることがあります。

欧州では5割以上の親子が1日に1回はスマホ・ケータイを使って連絡を取り合います。親子でコミュニケーションを取り、なぜ管理するのかなどの理由や目的をしっかりと伝えていくことが大切です。