「いま子どもたちに本当に必要な教育」とは|cozre

ICT・プログラミング, 情報教育ニュース

英語教育やプログラミング教育の需要が高まる中で、今子どもたちに必要な教育とは何かをcozreのサイトにてコラムで掲載されています。

コラムの要約

28歳にして、筑波大学助教を務め、世界から注目されている研究者、世界から注目されているメディアアーティスト落合陽一氏。

語学やプログラミングも、「何をしたいのか」を実現するためのツールにすぎない。

語学は重要だが、最近は、ちょっとした仕事のメールのやりとりならグーグル翻訳で事足りるようになっている。

プログラミングは、英語と同様、「ツールのひとつ」でしかなく、プログラミングができるというのは、「算数」ができるのと同じくらいの意味でしかない。

「これからの世界」をつくる子どもたちには、「君が解決したい世の中の問題は何?」と問い続ける必要があり、言語化する能力を身につけさせることが大切。

 

コラム|「いま子どもたちに本当に必要な教育」とは|落合陽一・メディアアーティスト
世界最先端の研究者を選ぶ「米ワールド・テクノロジー・アワード」(2015、ITハードウェア部門)を、青色発光ダイオードでノーベル賞を受賞した中村修二氏に続いて日本人で2人目に受賞し、世界から注目されているメディアアーティスト落合陽一氏。書籍『これからの世界をつくる仲間たちへ』でも話題ですが、今回は特別に子どもたちの教育に関して、お伺いしました。