AIに依存する情報リテラシー。そのリスクとは|日刊工業新聞

情報教育ニュース

AI(人口知能)と情報リテラシーの関係についての記事が日刊工業新聞に掲載されています。

記事の要約

人工知能(AI)は情報リテラシー(活用能力)のあり方を変え、AIが情報をまとめ、解決策を提案する。

AIが解決策を提案しても、判断を委ねるリスク、依存するリスクを教えるべき。

人間同士なら口調や表情で瞬時に察するのに対して、AIはまだ未熟。情報の偏りだけでなく、個人の背景やそのときの気持ちを配慮できない。

AIに依存する情報リテラシー。そのリスクとは
人工知能(AI)は情報リテラシー(活用能力)のあり方を変えていく。検索サイトが情報の“収集”を自動化し「もう知識の詰め込みは要らない」とさえ言われた。現在ささいな判断や流行は検索結果に左右されている。