普段の授業にICTを 話し合いも自然と誘発|ベネッセ

ICT・プログラミング, 情報教育ニュース

記事の要約

  • 次期学習指導要領で「アクティブ・ラーニング」(AL)を実施することが目玉。
  • 大きな助けとなるのが、タブレットやデジタル教科書をはじめとするICT。
  • 東京都小平市立小では書き込みをお互いに見せ合い、話し合う姿が自然発生的に生まれている。
普段の授業にICTを 話し合いも自然と誘発|ベネッセ教育情報サイト
【ベネッセ|教育ニュース】次期学習指導要領(2020<平成32>年度の小学校から順次、全面実施)では、幅広い資質・能力を身に付けさせるための「アクティブ・ラーニング」(AL)を実施することが目玉になっています。そんなALの大きな助けとなるのが、タブレットやデジタル教科書をはじめとするICT(情報通信技術)です。しかしICT機器の整備には、自治体によって大きな格差があるのも事実です。