自治体で大差、マイクロソフト「教育ICTリサーチ2016」公表|リセマム

ICT・プログラミング, 情報教育ニュース

記事の要約

  • 端末の導入台数をもとに整備の進捗状況を「PC教室」「共有端末」「1人1台端末」という3つのステージに分類。
  • 「PC教室ステージ」43%、「共有端末ステージ」56%、「1人1台端末ステージ」は1%わずか8自治体。
  • 徳島県、山梨県、群馬県など16都府県で、現状調査で「PC教室ステージ」が50%以上残され、環境整備の遅れ
自治体で大差、マイクロソフト「教育ICTリサーチ2016」公表 | リセマム
 日本マイクロソフトは、「教育ICTリサーチ2016~学校におけるICT環境の現状と目標~」を公開した。ICT整備の進捗状況がもっとも進んでいる「1人1台端末ステージ」と分類された自治体は、わずか1%。公立学校のICT環境整備の現状は、都道府県によって差が大きかった。