100万人のICT人材が必要、総務省が学校教育の支援強化|リセマム

ICT・プログラミング, 情報教育ニュース

総務省が6月20日に行った情報通信審議会情報通信制作部会についての記事がリセマムに掲載されています。

記事の要約

  • 総務省は、将来的に100万人近くのICT人材が求められる可能性を踏まえ、プログラミング教育などを通じた人材の量的拡大の必要性を示した。
  • 米国と比べ国内の人材が質・量ともに不足している現状、ユーザー企業よりもITサービス企業に人材が多く偏在している。
  • 未来のICT人材育成のため、IoT時代のスキルを備えた専門ICT人材の量的・質的拡大、学校教育でのクラウド、Wi-Fi、プログラミングなどの積極的活用を掲げている。
100万人のICT人材が必要、総務省が学校教育の支援強化 | リセマム
 総務省は6月20日に行われた情報通信審議会 情報通信制作部会の配付資料をホームページに掲載。将来的に100万人近くのICT人材が求められる可能性を踏まえ、プログラミング教育をはじめとする初等中等教育における取組みなどを通じた人材の量的拡大の必要性を示した。