静岡大学、小・中学校教員向け「情報モラル診断サービス」を共同開発|大学ジャーナル

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

静岡大学とカスペルスキーが共同で「情報モラル診断サービス」を開発したことを発表しました。

記事の内容

「情報モラル診断サービス」は小4〜中3の児童・生徒が対象。

インターネットの利用状況やモラル、セキュリティ、法などに関する質問を検定形式で実施。

診断結果が可視化され、実情に沿った効果的な指導に役立つ内容。