情報モラル教育への取組|碧南市立鷲塚小

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

愛知県碧南市鷲塚小で実施した情報モラル教育が紹介されています。

【碧南市立鷲塚小】情報モラル教育への取組

取組の内容

低学年向け

低学年の児童でも理解できるようにNHK放送番組を利用。人の携帯電話がなったとき、自分ならどうするかを考え、主人公の行動について話し合いをして学んだ。

中学年向け

「事例で学ぶネットモラル」を使って、インターネットでの有料サイト、怪しいサイトを開かないことや、知らない人に自分や他人の個人情報を教えないことを学んだ。

高学年向け

肖像権について学習。授業を通して、子どもたちは何がよくて、何がよくないのか判断でき、その問題が身近なゲーム機を通しても起こることから気づきを得ていた。

 

小学生1年生と6年生では知識の量や考え方にかなりの差があります。低・中・高学年と成長とともにそれぞれにあった内容で情報モラル教育を行うことが大切です。