巻き込まれる前に!探偵が教える「実際あった子どものスマホトラブル」3事例|ウーリス

情報リテラシー・モラル, 情報教育ニュース

記事の要約

  • “一部アイテムに課金”が発生するゲームで、お子さんがアイテムを購入しており、後に数万円〜数十万円の高額請求が来てしまった。
  • 広告リンクや関連動画をクリックで次々と回遊した結果、エッチなページにたどり着いてしまった。
  • 何気なくメッセージ中のURLをクリックしてしまい、“登録&利用料”と言った名目で数万円の請求が来た。
巻き込まれる前に!探偵が教える「実際あった子どものスマホトラブル」3事例 – WooRis(ウーリス)
いまや、スマホの普及は子どもの生活にまで浸透しています。 内閣府発表の「平成27年度青少年のインターネット利用環境実態調査報告書」調べによると、スマホ普及率は小学生で23.7%、中学生が45.8%、高校生になると93.6%にのぼると言われています。 特に、最近では『ポケモンGO』をはじめとするスマホ向けゲーム