SNS利用動向、18年末にネットユーザー7割が利用と予測|ICT教育ニュース

情報リテラシー・モラル, 情報教育ニュース

記事の要約

  • 日本国内のSNS利用者は年々増加しており、2016年末には6872万人に達する。
  • 4251人のアンケート対象者のうち約8割の人が「人とのコミュニケーション」を行う目的でSNSや通話・メールアプリを利用。
  • サービスの利用率が高いのは、LINE(ライン)で72.1%、Twitter(ツイッター)が40.8%、Facebook(フェイスブック)が36.1%、Instagram(インスタグラム)が22.1%。
SNS利用動向、18年末にネットユーザー7割が利用と予測
ICT総研は16日、2016年度のSNS利用動向に関する調査を行い、その結果を発表した。 それによると、日本国内のSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)利用者は年々増加してお […]