香川県、スマホトラブルから子どもたちを守るための取り組み

情報リテラシー・モラル, 情報教育ニュース

香川県教育委員会が香川県内の小中学校で行われているスマホトラブルへの取り組みを紹介しています。

紹介されているのは以下の中学校の取り組みです。

  • PTAが安心スマホ宣言(丸亀市立綾歌中学校)
  • LINEをテーマに劇づくり (高松市立香南小学校)
  • 保護者に責任の自覚を促す(坂出市立坂出中学校)
  • PTAから使用ルールを提案(土庄町立土庄中学校)
  • 生徒会が「ネットの怖さ」を啓発(三豊市観音寺市学校組合立三豊中学校)

夜21時以降はケータイ・スマホは使わないなどのルールをPTAや生徒会などで決めています。
おもしろいところでは児童がスマホトラブルについて演劇をして学んでいるところもあります。

保護者が強制的にルールを決めるのではなく、子ども自身が主体的に考えることがスマホを扱う上で大切です。

以下のページにPDFデータがありますのでダウンロードしてご覧ください。

スマートフォンやゲーム機等の使用の適正化に向けた共通ルール | その他 | 総務課 | 香川県教育委員会