スマホの家庭内ルール、作ったつもりが子どもは「ない」 親子で認識を共有する方法とは|オトナンサー

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

スマホの家庭内ルールについての記事が「大人んさー(オトナンサー)」に掲載されています。

記事の要約

  • 日本PTA全国協議会が小学5年生と中学2年生、また、その保護者を対象に調査を実施し、親子でルールに対する認識差があることがわかった。
  • ルールが「ある」が小5の保護者で51.3%、中2の保護者で59.8%だったのに対し、子どもたちに聞くと、「ある」が小5で26.1%、中2で23.6%という結果。
  • 子どもに自覚と責任を持たせる意味でも、大人が一方的に押し付けたルールではなく、子ども自身が考えたルールの方がよい。
  • 主導権は親、毅然とした対応が必要。
スマホの家庭内ルール、作ったつもりが子どもは「ない」 親子で認識を共有する方法とは | オトナンサー
子どもにスマホを持たせている家庭の“利用ルール”ですが、親は「ある」と考えているのに、子どもはそうは考えていない。そんな実態がとある調査から浮かび上がりました。今回は、親子でスマホ利用を巡る認識を共有し、子どもをトラブルなどから守るための心構えについて、専門家と一緒に考えます。