小中学生のスマホ使用ルール、全国的な広がり…成績にも影響|リセマム

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

大阪市旭区のスマホルールの取り組みについての記事がリセマムに掲載されています。

小中学生のスマホ使用ルール、全国的な広がり…成績にも影響 | リセマム
 大阪市旭区は5月24日、小中学生のスマートフォンなどの使用ルールを発表した。ゲーム機や携帯電話、スマートフォンなどについて、夜遅くや長時間は使用しないよう定めている。子どものスマホ利用を制限するルール作りは、全国に広がりつつある。

記事の内容

大阪市旭区は5月24日、小中学生のスマートフォンなどの使用ルールを発表。

大阪市旭区のルール

  • 小学生は午後9時以降にゲーム機、携帯電話、スマートフォンなどを使用しない。
  • 中学生は午後10時以降にSNS、LINE、メール、通話などは行わないこと。
  • 1日の使用時間は、小学生2時間以下、中学生3時間以下。

他の地域でもルール作り

宮城県仙台市の調査では、「LINEなどの通信アプリを4時間以上やる人は成績が20点下がることもある。」

愛知県刈谷市や福岡県福岡市でも、特定の時間以降はスマホを使わないなどのルールが作られている。

 

「LINEなどの通信アプリを4時間以上やる人は成績が下がることもある。」点について、スマホ使用と成績に直接的な因果関係があるとは言い切れません。

調査について書かれた記事から推測しますと、スマホを使う時間が長くなったことで勉強時間が少なくなって成績が落ちたと考えることができます。

「LINE等を長時間使うと、学習内容が消え、成績が下がる」……東北大ら | RBB TODAY
 仙台市教育委員会と東北大学による「学習意欲の科学的研究に関するプロジェクト」は19日、“平日にLINE等の無料通信アプリを使用すると、睡眠時間や家庭学習時間には関係なく、使用時間に応じて学力が低下する”とする調査結果を発表した。

あくまでもここからわかることは勉強時間が減ったことにより、成績が落ちたということです。

スマホの利用時間が子どもたちの生活時間の多くを占め始めていることは事実です。しかし、スマホを使わなくなったから勉強時間が増えて、成績がよくなるとは限らないということを理解しておいてください。