100人のママ、スマホを持たせるのは高校生からが半数以上

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

子どもにスマホはいつからもたせるのかを100人のママに調査した記事がマイナビニュースに掲載されています。

子どもにはいつからスマホを持たせますか? – 100人のママに聞いてみた
スマホの急速な普及により、今や子どもであっても専用スマホを持つ時代。それに伴い「LINEいじめ」や依存症といった問題も増えているが、子どもには何歳からスマホを持たせるのがふさわしいのだろうか。今回は、マイナビニュース会員のうち子どもを持つ女性102名に、いつから子どもにスマホを持たせる予定か聞いてみた。

調査結果

1位: 高校生以上 52.9%
2位: 中学1年生 21.6%
3位: 中学3年生 8.8%
4位: 小学4年生~6年生 7.8%
5位: 小学1年生~3年生 4.9%

半数以上の親が高校生以上からと回答しています。

「勉強がおろそかになる」「依存する」「LINEいじめがこわい」「課金トラブルに巻き込まれる」など、スマホを活用することよりもスマホトラブルによるリスクを優先して母親は考えています。

最近では学童保育が終わったり、習い事を始める小学4年生からスマホを持たせる家庭が増えていることを聞きますが、親の意識としては高校生からもたせたいと思いが強いようです。

調査概要

調査時期: 2016年3月30日~2016年4月12日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 女性102名
調査方法: インターネットログイン式アンケート