江戸川区立篠崎第二小学校の情報モラル育成方法

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

教セミ.comに東京都江戸川区立篠崎第二小学校のタブレット活用と情報モラルの育成についての話が掲載されています。

教員採用試験の耳寄り情報|ICTが創る新しい学び | 教セミ.com

篠崎第二小学校は、文科省の「子どものための情報モラル育成プロジェクト」に参加しているようで、学校では、ドコモやLINEの講師を招いて、子どもや保護者のためにスマホやLINEの使い方の教室を行うなど、積極的な活動をしています。

記事内に、学校の考え方としてこんなことが書いてありました。

ネットでの犯罪やトラブルは“いたちごっこ”で、次から次へと新しいタイプのものが出てきます。
だからこそ私たち教員も、セミナーに参加するなどして情報をアップデートしていく姿勢が求められます。
子供たちが被害にあわないよう影でサポートしつつ、安全に楽しくネットを活用できる環境を整備していくことが、今後の目標です。

自分たちがわからないから使わせないのではなく、先生自身も使い方を学んだり考えたりして、情報を活用しようとする姿勢が伺えます。

篠崎第二小学校の活動は以下のURLから見ることができます。
[http://edogawa.schoolweb.ne.jp/swas/index.php?id=1310038&frame=frm5529251b62d0c]