スマホの情報教育は小4から必要?

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

YAHOO!JAPANのネタリカというサイトに子どものスマホの使い方についての記事がありました。

小4から必要!? 子どもに「携帯電話・スマホ」を持たせるときのルール
【ママからのご相談】小学校5年生の娘が「新しいクラスの友達がみんな携帯電話を持っているから私も持ちた…

スマホを持ち始める年齢が低年齢化し始めていて、今では小学校4年生から持ちはじめる子が増えているとのこと。

そして、その理由には3つあることが書いてあります。

  • 学童保育が終わる
  • 学習塾への通塾に必要
  • 部活や習い事の連絡に必要

このような理由から、小4からスマホをもつ子が増えているみたいですね。
小学校の中高学年になると活動範囲が広まって、子どもが一人で移動することが多くなります。
その子どもの安全を考えてスマホをもたせるようです。

以前は、対応は中学生や高校生がメインと考えられていましたが、最近では低年齢化と持ちはじめる前からの情報教育の必要性がでてきていて、できる限り早い時期からの対応していく必要がでてきています。

また、この記事には、子どもにスマホやケータイを持たす場合の対応策としてフィルタリングやペアレンタルコントロールを活用することを勧めています。

ぜひ読んでみてください。