岡山県教委 スマホ利用ルールに中学生挑戦 100日達成に記念品|山陽新聞

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

岡山県のスマホ利用ルールの新しい取り組みが山陽新聞で紹介されています。

スマホ利用ルールに中学生挑戦 県教委、100日達成に記念品

記事の内容

中学生のクラスやグループごとにスマホ・携帯の利用に関する目標を設定して100日間守ってもらう「スマホチャレンジ100」を実施。

ルールは三つまで目標を設定でき、うち一つは「利用は午後9時まで」といった使用時間に関わる内容を入れること。

終了後に代表者が成果や難しかった点などを所定用紙で報告。達成できれば、証書と記念品が贈られる。

実施期間は2016年6月10日~10月14日。

 

スマホ利用ルールに「ゲーミフィケーション(日常生活の様々な要素をゲームの形にする)」の要素を少し取り入れています。

子どもが興味を持ちやすい形で取り組める活動として注目しておきたいところです。