子どもを取り巻く「ネットいじめ」のいま|R25

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • 小中学生のいじめの手法は、LINEの出現によって変化が生じている。
  • グループチャットの流れに調子を合わせない子は、『自己中』や『空気が読めない』とみなされてしまい、いじめの対象になる。
  • 学校という狭いコミュニティで生きる子どもにはスルーすることが難しい。
  • いじめから守るには、親世代も、他者との望ましい距離感やコミュニケーション方法を見出すことが必要。
子どもを取り巻く「ネットいじめ」のいま | R25
小中学生がスマホを使いこなす時代。一方で、メールやSNS、コミュニティサイトなどを介した“ネットいじめ”のニュースを目にすることも増えてきました。過去には、ネットいじめや中傷を苦にした自殺も発生しています。