メリットとデメリットから考える中学生のスマートフォン所有について|MMD研究所

情報リテラシー・モラル, 情報教育ニュース

記事の要約

  • インテル セキュリティと共同で親と子へ聞く「中学生のスマートフォン利用実態調査」を実施。
  • 子どもに携帯電話を持たせようと思った理由は「子どもが塾や習い事に通いはじめたから」、「自分が働きに出るようになった(出ている)から」が多い。
  • 子どもに持たせるケータイ・スマホとして、「通話」「メール」「防犯」「GPS」が重要。
  • 中学生の遭遇したトラブルは、「迷惑メールが送られてきた」「サイトやアプリに卑猥なバナー広告がでてきた」が多い。
  • 親と子の間でスマートフォンを正しく活用する方法や、トラブルを未然に防ぐための対策などについて各家庭で話し合うことが必要。
メリットとデメリットから考える中学生のスマートフォン所有について
MMD研究所では、インテル セキュリティと共同で親と子へ聞く「中学生のスマートフォン利用実態調査」を実施しました。スマートフォンを親子で安全・安心に使っていただける環境づくりの一環として始めた子どものスマートフォン利用に関する共同調査は今回で2回目となります。