都内公立学校で情報モラル教育の充実化。LINEと東京都がプロジェクト立ち上げ。

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

LINE株式会社が3月30日に東京都教育委員会と「SNS東京ルール」共同研究プロジェクトを立ち上げたことを発表しました。

「SNS東京ルール」では、LINEがもつノウハウを活用し、児童・生徒に対するインターネットの適正な利用に向けた効果的な指導法や教材の開発などを行うとのこと。期間は2016年4月1日から2017年3月31日(2019年3月31日まで延長可能性あり)までです。

また、2015年9月からは、青少年におけるネット利用実態把握を目的とした10万人規模の全国調査を実施する予定でいます。

詳細は以下のURL。
http://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2016/1304

LINEでは2014年から学校向けに教材の提供及びワークショップ・講演を無料で実施しています。

LINEの教材は静岡大学教育学部塩田真吾准教授と協同開発されたものです。

ワークショップ形式でディスカッションを通じながら、自分とまわりの人たちの考え方の違いに気づき、ネットとの上手なつきあい方やコミュニケーションの仕方を考えます。

教材を先生自身で行うこともできますし、LINEに申込みをしてワークショップや講演をお願いすることもできます。

LINEのWebサイトから申し込みできます。

http://line.me/safety/ja/workshop.html