LINEいじめ「裏グループ」で盗撮写真、悪口投稿…スマホトラブルから子を守る方法 | 弁護士ドットコム

情報リテラシー・モラル, 情報教育ニュース

LINEいじめなどのスマホトラブルから子どもを守る方法についての記事が弁護士ドットコムに掲載されています。

LINEいじめ「裏グループ」で盗撮写真、悪口投稿…スマホトラブルから子を守る方法
今や子どもから大人まで、幅広い世代が活用しているスマートフォン(スマホ)。しかし、便利だからこそ依存性も高く、ネット上には、「子どもが食事中もずっとスマホを触っている」と心配する親の声も。無料通信…

記事の内容

ネットいじめやSNSトラブルの問題に取り組む、「全国webカウンセリング協議会」理事長の安川雅史さんの話。

スマホトラブルで一番多い相談が「LINEいじめ」。グループから外される、裏グループが作られそこで悪口を言われる、など。

LINEの短い文面のやり取りでは真意が伝わらず、誤解が生じてそこからいじめに発展することがある。

フィルタリングをかけないのは親として無責任

犯罪被害に遭った子どもの95.2%が、フィルタリングの設定をしていなかった。
子どものスマホにフィルタリングするときには、『あなたを愛していて、あなたの命を守るために設定する必要がある』ということを親が素直に子どもに伝えることが大切。

親の行動が子どものお手本である

親自身が食事しながらスマホを使う、よくスマホを遊んでいれば、子どももそれをマネをする。子どもに守らせることは親も守る。

親子の時間を大切にする

親子のコミュニケーションの時間があると、子どもの異変やSOSにも気づくことができ、いじめやトラブルに早く対処できる。

 

いじめにLINEというツールが使われているのであって、LINEがあるからいじめが起こるのではないということは理解しておいてほしいです。また、この記事に書かれていますが親子のコミュニケーションがスマホトラブルから子どもを守る上で大切です。