千葉市教育センター、情報モラル教育のおすすめ教材を公開

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

千葉市教育センターが情報モラルに関するおすすめ資料を公開しています。

情報モラル教材

情報モラル学習教材

教材は千葉市教育センターが作成。公開している資料は、SNSをテーマにした指導教材「ネットトラブルにあわないために(パワーポイント資料)」。

その他にも「情報モラルカリキュラム」では、小中学校の先生向け及び保護者向けの指導内容の資料、「情報モラルコンテンツ」では小中学生向けのデジタル教材を提供しています。

「ネットトラブルにあわないため」

コミュニケーションツールであるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を例にした情報モラル指導資料です。

SNSの便利なところや特徴を教えながら、SNSを使うことで起こる問題点を説明して、子どもたちに考えてもらう教材です。

情報モラルカリキュラム

小学校版、中学校版、研修・保護者会の基本指導内容(カリキュラム)の資料が公開されています。

また、指導する上での教員向けの配布資料や保護者に配布用資料もあります。

情報モラルコンテンツ

情報モラルを学べるネット上で使用するデジタル教材です。

教材は全部で40コンテンツあり、小学生(小・中・高学年)、中学生(前期・後期)と学年別に合わせたコンテンツを提供しています。

また、一部のコンテンツにはワークシート付きです。

 

資料は千葉市教育センターのWebサイトにて見ることができます。
http://www.cabinet-cbc.ed.jp/johomoraru.html