藤枝市でスマホ・ゲーム機安全宣言

情報リテラシー・モラル, 情報教育ニュース

静岡県藤枝市で「親子で考えよう!藤枝っ子のスマホ・ゲーム機安全宣言!」が宣言されました。
藤枝市では教育日本一を目標にし、その一貫として情報モラルの育成を行なっています。

親子で考えよう!”藤枝っ子”のスマホ・ゲーム機安全宣言|藤枝市
本市では、教育日本一を目指して、笑顔あふれる教育の推進に取り組み、子どもたちが安心して学べる環境作りに力を注いでいます。近年、子どもたちを取り巻く環境として、社会の変化に対応しなければならない課題の一つにインターネットやスマホ等によるトラブルがあります。スマートフォンやゲーム機は便利で楽しいものですが、使い方を誤ると日常生活に支障を来たしたり、友人関係のトラブルや犯罪に巻き込まれたりする危険性をはらんでいます。このようなネットトラブルを防ぐ力を身につけ、情報モラルを育成することは、とても重要なことです。

この安全宣言では、12,000人の市内の児童・生徒、保護者からとったアンケートをもとにルール作りをしています。

ルールはシンプルに3つ。

「利用通信は午後9時まで」

「通信前に“ちょっと待った!!”」

「ここで使うの?ちょっとおかしいよ!」

スマホやゲーム機を使える時間を決めること、ネットやSNSに何か投稿するときに一度、本当に投稿していいかを考えること、友だちや家族などと一緒にいるときはその時間を大切にすること、をルールとして決めています。

その他にも安全宣言では、以下のようなものを用意しています。

親子でどんな約束を作ればいいかの例を示した「約束の一例(12,000人のアンケートより)」

親子で家庭内の約束と約束をやぶった守れなかったときの対応を決める「我が家の親子安全宣言!」

いつも持ち歩いて情報モラルを意識できるように「いつでもルールマナーを意識しよう!~児童生徒にクリアファイルを配布~」

詳しくは、藤枝市のホームページをご覧ください。