コンピュータリテラシーの意味と情報化社会の関係|キャリアパーク

情報リテラシー・モラル, 情報教育ニュース

コンピューターリテラシーの意味と情報化社会についての記事がキャリアパークに掲載されています。

記事の要約

コンピュータリテラシーの意味は、コンピュータを操作して、目的とする作業を行い、必要な情報を得ることができる知識と能力を持っているということ。

特別な専門的な知識を持つことではなく、日常生活のなかでコンピュータを操作して目的を達成する能力をさすようになってきている。

現在求められているのはデジタルリテラシー。新しい情報環境が求める新しい思考方法であり、マルチメディアやネットワークという、すでに常識になった言葉が期待するラディカルな知性を意味する。

 

コンピュータリテラシーの意味と情報化社会の関係 | キャリアパーク
キャリアに関する記事を掲載しています。キャリアのノウハウ・コツを調べるならみんなの知恵がたくさん詰まったキャリアパークで!