小さな子どもの8割以上がオンライン動画を視聴、購買行動にも影響|リセマム

情報リテラシー・モラル, 情報教育ニュース

記事の要約

  • 3歳から6歳の子どもの8割以上がオンライン動画を視聴。
  • 約7割の保護者がオンライン動画をきっかけに子どもに何らかの製品やサービスを買い与えたことがある。
  • 子どもにオンライン動画を見せる理由は、「子どもが見たがるため」。
小さな子どもの8割以上がオンライン動画を視聴、購買行動にも影響 | リセマム
 3歳から6歳の子どもの8割以上がオンライン動画を視聴しており、オンライン動画をきっかけに製品やサービスを買い与えたことがある保護者が多いことが、動画マーケティングを支援するViibar(ビーバー)の調査により明らかになった。