情報リテラシーを高める4つのポイント(前編)-運営目的を知る|Stone Washer’s Journal

情報リテラシー・モラル, 情報教育ニュース

記事の要約

  • 情報が正確な目的順で言うと、「情報提供」>「情報交換」≧「宣伝・営利」。
  • ウェブサイトの運営目的から、ある程度は信頼できる情報を提供している媒体かどうかを調べる事はできる。
  • 政府系・研究機関系のウェブサイトは最も信頼性が高い。掲示板や質問系、営利目的・宣伝目的のウェブサイトは信頼性が低い。
情報リテラシーを高める4つのポイント(前編)-運営目的を知る
情報を有効活用する能力が「情報リテラシー」なんて呼ばれていますが、具体的に何をすれば良いかについては誰も教えてくれません。特に、インターネット上の情報活用となると尚更です。インターネット上では匿名で誰もが情報を発信できるため、非常に雑多な情報が入手できます。信憑性が高く参考になる情報も沢山ある一方で、真実かどうか疑わしい情報も無数にあります。はっきり言って、100%正確な情報を入手することなんて不可能です。それでも、90%を超える信憑性の高い情報なら沢山あります。Google検索で上位表示されていれば正確な情報かというとそんなことは全くありません。では、どうすれば正確な情報が手に入るのでしょうか? あくまで私個人が使っているテクニックに過ぎませんが、正確な情報を見抜くコツについて共有していきましょう。その1:ウェブサイトの運営目的をチェックする検索やリンクを飛んで記事を読む前に、そのサイトや記事が作られた目的をチェックしましょう。一般に、情報が正確な目的順に「情報提供」>「情報交換」≧「宣伝・営利」となっています。しかし、正しい情報提供が目的のウェブサイトだったとしても、ウェブサイトの運営者毎に情報の信頼性は変わってきます。※以下に記載する「信頼度」についてですが、論文に使えるレベルの高い信頼度があるなら「高」、一定の信頼性がおける場合は「中」、別の情報源が必須な場合は「低」となっています。政府系・研究機関系のウェブサイト(信頼度:高)当たり前ですが、「政府系のウェブサイト(.go