情報リテラシーを高める4つのポイント(後編)-疑いつつ考える|Stone Washer’s Journal

情報リテラシー・モラル, 情報教育ニュース

記事の要約

  • 大切なのは「情報源が本当に信頼できるか」「情報源の情報が正しく使われているか」を確かめること。
  • 裏付けを取るときには、必ず「別の団体や組織、もしくは別の思想や目的を持った情報源」を使う。
  • 「相手の言っている事が論理的か」「自分のケースに当てはまるか」という事を良く考える必要がある。
情報リテラシーを高める4つのポイント(後編)-疑いつつ考える
前編では、ウェブサイトの運営目的から信頼できる情報を見分ける術をお伝えしました。しかし、それだけでは足りません。政府の情報が信頼出来ない事は普通にありますし、逆に個人のブログで信頼できる情報が見つかることもあるでしょう。大切なことは自分で調べられる能力を身につける事です。後編では、「情報源のチェック」「裏付けの取り方」「論理的な整合性」について考えていきます。その2:出典や情報源の正確性をチェックするそれがどんな形態のサイトであっても、信頼度の高い出典や情報源によってきちんと情報の裏付けがなされている場合には信頼度が高くなります。しかし、情報源が明示されるだけで情報が正確になるわけではありません。大切なのは「情報源が本当に信頼できるか」「情報源の情報が正しく使われているか」を確かめることです。いくら情報源があったとしても、それが「個人ブログ」や「掲示板の書き込み」では信頼出来ません。また、信頼できる政府・研究機関や大手報道媒体が情報源だったとしても、参照の仕方が間違っていたり、恣意的に情報を抜き出していれば正確な情報にはならないでしょう。出典や情報源があった場合、軽く情報源の中身を見るぐらいはしておきたい所です。とは言え正直なところ、「情報が正しく使われているか」の判断は非常に難しいです。情報源を精査しなければいけませんし、情報源が書かれていても明確に「どこ」とは書かれていない事が多く、よほど正確な情報が欲しいわけではない限り詳しくは見ないでしょう。それでも、情報源の趣旨や作成者ぐらいはチェックしてください。趣旨が得た情報とずれていれば要チェック。また、情報源の作成者が「複数人のグループ」なら良いのですが、情報源が「個人」だった場合には注意が必要です。特に、情報源が「専門家個人の著書」「専門家個人の論文・報告書」だった場合には、個人の思想・政治な偏向があったり、個人の主張の域を出ないケースが多々見られます。「大学教授の著書・論文」だからといって信頼できるとは限らないのです。情報源があるから信頼できるなんて考えずに、常に疑ってかかるようにすると良いでしょう。著者や作成者の名前を軽く検索するだけで、ある程度有名であれば「その人の主張が受け入れられているかどうか」の把握はできます。多方面から批判を受けていないか、過激な思想や行動を行っていないかなど、調べられるのであれば調