スマホ、SNS…「いじめ」の実態見えにくい 東京都いじめ対策協議会で指摘|産経ニュース

情報教育ニュース, 情報リテラシー・モラル

記事の要約

  • 学識経験者や教育関係者らがいじめ問題対策を話し合う「いじめ問題対策連絡協議会」が28日、都庁で開かれた。
  • SNSの利用が浸透したことを背景に、「コミュニケーションに行き違いがある」「いじめが見えにくくなっている」などの指摘。
  • 保護者向けの研修や啓蒙(けいもう)活動が必要との意見もあがった。
スマホ、SNS…「いじめ」の実態見えにくい 東京都いじめ対策協議会で指摘 
学識経験者や教育関係者らが学校でのいじめ問題対策を話し合う都の「いじめ問題対策連絡協議会」(会長・森田洋司大阪市立大名誉教授)が28日、都庁で開かれた。出席者か…